学生に勉強を教える仕事は、教師はもちろん塾講師や家庭教師などがあります。
この中では家庭教師に魅力を感じていまして、マンツーマンで勉強を教えていけるのでやりやすいと思ったからです。
ただ、もし教えていた学生が志望校に不合格となってしまった場合は全ての責任を問われることになり荷が重いとも思っていました。
そんな時に塾に非常勤塾講師として採用されたので、この道で頑張ることにしました。
私は誰もが知っているような有名な大学を出ていますし、学力にも自信があったのですんなり非常勤塾講師に採用されたのだと思います。
実際に仕事をしてみると、大変だと思いつつもやりがいのある毎日に心地良さを感じています。
家庭教師との違いはマンツーマンであるか否かですが、大勢の学生を相手にして勉強を教えるのは理解の度合いが異なるので気を使います。しかしいつまでも低いレベルの勉強をしていると他の学生が成長できないので我々塾講師の工夫が必要となります。
嬉しいのは、やはり教えている学生の学力がメキメキと上がっていると感じた時です。
正直、志望校には厳しいと感じていた学生が他の学生を追い抜いていたり様々なドラマがあります。
結果的に、非常勤塾講師という選択は正しかったなと思います。