塾講師をしているときの至福の時はやはり、これまで指導してきた生徒が志望校に合格することが出来たときではないでしょうか。

塾に通っている生徒の多くが志望校への合格を目指していると言え、
塾講師もそれぞれのレベルに合わせた勉強方法を導きださなくてはなりません。
不得意な分野をなくして受験に有利な知識を得るためには学校だけの授業では難しいところがあります。
そのため、塾などを活用することで、受験に強い知識を身に付けることが出来ると言えるのです。

集団指導においても、一人ひとりの実力を考慮してながら勉学を進めなくてはなりませんが、特に個人指導の塾講師として生徒と一対一で向き合って共に受験を戦ってきた塾講師にとっては思い入れが強くなる傾向にあり、受験の合格発表は生徒同様緊張する日でもあります。

志望校の合格発表の日には、多くの塾では電話の前で待機をしている姿が見受けられます。
発表を見て、合否の結果を塾講師に連絡する生徒が多く、これまでの努力が実る瞬間でもあるのです。
合格の知らせを聞いたときは、自身の指導方法が正しかったのだと実感する瞬間でもあります。
知識の積み重ねの実感も出来ますが、やはり発表を聞いたときが達成感を抱くことが出来る瞬間とも言えます。